自分の車を処分する方法としてはいくつかをあげることが

自分の車を処分する方法としてはいくつかをあげることが

自分の車を処分する方法としてはいくつかをあげることができますが、中でも買取業者へ売却すると得ができるのでは、と考えられます。


業者とのやり取りを行ううえで考えておかなくてはいけないのは、売買契約を行ったあとは一部の例外をのぞいてキャンセルをすることはできない、ということです。 Continue reading

手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車

手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車

手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。 Continue reading

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる下取り価格で、より高額な買取が可能なのは、もちろん、愛車の状態にもよりますが、車査定の方が、買取額が高い事が多いようです。
というのも、ディーラーによる下取りは標準査定価格に基づいた計算がされますし、新車の代金から値引と言うかたちで、金額を伝えられることがよくありますから、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、愛車の価値がはっきりしません。 Continue reading

中古車市場に限定されたことではないのですが、めまぐるしく査

中古車市場に限定されたことではないのですが、めまぐるしく査

中古車市場に限定されたことではないのですが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性がほとんど決定されてしまうこともあるわけです。 Continue reading

最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中

最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中

最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中古車査定もそのひとつですが、ウェブから自動車保険の一括見積りを依頼できるサイトもあります。年更新でも分かる通り自動車保険は資産性はない商品で、満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところにさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。 Continue reading

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、査定対象となる車

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、査定対象となる車

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。
また、よく手入れされた車両というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。 Continue reading